電話応対のつぼ

MENU

正しい敬語を使いましょう

敬語の使い方に自信がなくては、スムーズな電話応対はできませんね。自然に敬語が使えるように十分、練習しておきましょう。敬語には3種類あります。

謙譲語

自分が一段低いところに降りて、相手に敬意を表す表現。
  • 「お(ご)〜する、いたす、申し上げる」
    例:お見せする お知らせいたします など
  • 「お(ご)〜いただく」
    例:お書きいただいても
  • 「〜させていただく」
    例:考えさせていただきます
  • 「お(ご)〜願う」
    例:ご協力願います

丁寧語

お客様と同じ高さで、相手に敬意を払ったり言葉づかいを丁寧にしたり、話す人自身が品位を保つために使う表現。

 

  • 「お(ご)名詞」
    例:お茶 お菓子 など
  • 「〜です 〜ます 〜でございます」
  • 言葉の言い換え
    例:ちょっと→少々 今日→本日 今→ただいま

尊敬語

お客様を一段高いところに持ち上げ、敬う気持ちを表す表現。

 

  • 「お(ご)〜になる なさる くださる」
    例:お書きになる ご注文なさる ご送金くださる
  • 「お(ご)名詞 形容詞」
    例:お荷物 お美しい
  • 「〜れる られる」
    例:書かれる 起きられる