電話応対のつぼ

MENU

敬語の使い分け

会社では、上司・先輩・お客様など、目上の人は敬意を表さなくてはなりません。人をお呼びする場合、相手の立場を知り、敬意を払って尊敬の気持ちを示す呼び方が敬称です。

 

  • お客様の姓、役職名のあとには「さま」をつけるのが原則。「社長さま」「鈴木常務さま」「営業部長の○○さま」など。
  • 対話中のお客様の会社をいうときは、「御社」「貴社」を。
  • その場にいないお客様を話題にするときも「さま」を忘れず。
  • ビジネス上では、2人称3人称を問わず会社名を人名なみに使うことがよくあります。これはお客様を大切に考えているという印象を強く相手にアピールするため。
    「○○商店さん」「○○支店さん」
    などです。
  • 氏名不詳の相手には「お客様」「お宅様」、名前を聞くときには「どちらさま」「どなたさま」といいます。

社内同士なら役職か「さん」をつけましょう

上司の呼び方は、通常は役職名本位です。「○○部長」「○○課長」などと呼び、「さん」はつけません。

 

声をかけるときは姓を葉省いて「係長」などと呼びます。一見呼び捨てで礼儀を欠いているように感じますが、役職名自体が敬意を含んでいるのです。

 

同僚や目下に対しては姓に「さん」をつけて呼ぶのがよいでしょう。

他社の人に自社の人の名をいうときは

他社の人に、自社の人のことをいうときは敬称はつけずに呼び捨てにします。「わたくしどもの社長が」「弊社の○○が」などです。

 

社長や上司を呼び捨てにするのは抵抗があるかもしれませんが、自社の人間は、他社の方の前では社長といえども身内なのです。

 

ただ、お互いの内部事情がよくわかっていない会社とのやりとりをしていて、「明日○○がお伺いします」と伝えたとします。これだけだと、先方は「○○さん」がどんな立場の人なのかわかりませんね。

 

場合によっては相手の方が対応に困ってしまうかも知れません。そういうときは「営業部長の○○が〜」というように、役職名を申し添えるとよいでしょう。