電話応対のつぼ

MENU

電話応対時の言葉遣い記事一覧

会社では、上司・先輩・お客様など、目上の人は敬意を表さなくてはなりません。人をお呼びする場合、相手の立場を知り、敬意を払って尊敬の気持ちを示す呼び方が敬称です。お客様の姓、役職名のあとには「さま」をつけるのが原則。「社長さま」「鈴木常務さま」「営業部長の○○さま」など。対話中のお客様の会社をいうときは、「御社」「貴社」を。その場にいないお客様を話題にするときも「さま」を忘れず。ビジネス上では、2人...

敬語の使い方に自信がなくては、スムーズな電話応対はできませんね。自然に敬語が使えるように十分、練習しておきましょう。敬語には3種類あります。

敬語とは、相手や第三者の立場・人格を守り、大切にしている心を表現するもの。一般的に、目上の人や社会的地位の高い人などと接遇する際に使われます。ところが正しく使うとすればするほど、かえって誤用を招いたりするもの。なぜそんなに、敬語は難しいのでしょう?

丁寧ならいいとばかりに、何でもかんでも「お」をつけるのは考えものです。特にカタカナ語には「お」をつけないのが一般的です。「おビール」「おケーキ」なんか変ですよね。「お手紙お待ちしております」のように、“相手が出す手紙”に尊敬の念を込め「お」をつけるのは良いでしょう。またことばによっては、「お」がついて特別な意味になるものも。「お熱い」「おしゃべり」など、冷やかしや嫌味になるものがあるので、使うとき...

「骨を折る」「棚に上げる」「とんでもない」これらは慣用句と呼ばれるもの。慣用句とは、二語以上の単語が結合して、それ全体である特定の意味を表すものです。切り離したり敬語化しては本来の簡潔に引き締めるという目的からはずれてしまうので、そのまま使用します。よくある間違いには、「とんでもございません」「お骨をお折りになる」などがあります。注意しましょう。

言葉の中には、聞き手が間違いやすいものや用語があります。できるだけ間違わない工夫をしましょう。間違いやすい言葉の一例には、次のようなものがあります。病院(びょういん)→ 美容院(びよういん)四日(よっか)  → 八日(ようか)一(いち)    → 七(しち)日比谷(ひびや) → 渋谷(しぶや)音が似ていても、話の流れでどちらかわかるものもありますが、地名や日時など勘違いしやすいものは特に注意が必要...